MENU
ホーム > 記事一覧 > 社内報を知る > 体制・運営 > 2023年へGO! 新春号に向けた社内報のナレッジ ベスト・セレクション

2023年へGO! 新春号に向けた社内報のナレッジ ベスト・セレクション

紙社内報を発行している企業では、そろそろ、年明け発行の新春号の準備が始まる時期ですね。Web社内報の場合も、新年のスタートに合わせて特集を組んだりするケースは多いと思います。
そこで、新年号の準備に役立ちそうな記事をセレクトしてみました。参考にしていただけたら幸いです。

※ご紹介している記事の画像をクリックすると、該当記事にジャンプします。ぜひご覧ください。

新春号では外せない「TOP登場」企画 

 企業のTOPの多くは、“一年の計”として、新春号で会社の現状や今後の方向性を発信します。そのメッセージを多くの社員に響かせるためには、どんなことが必要でしょう?

社内報に掲載する写真をクオリティアップ!

 社員がその年の抱負を伝える企画も、新春号ならでは。いつも以上にたくさんの社員が登場しますが、記念になるような記事にしてあげたいですよね。特に写真の見栄えは男女問わず気にする方が多いので、できるだけクオリティを上げたいしたいところです。

 これまでオート設定で撮影していた方が、一歩前進できるように、露出やホワイトバランスについて解説しました。

著名人インタビューを成功させるには?

 著名人企画は予算やアポ取りの面でハードルが高いものですが、新年号では著名人に登場いただき華やかさを演出するケースも見られます。ただし、単純に「著名人登場」というだけでは、企画としては弱い……。企画化する際の詰めどころやアポ取りのコツはこちらで!

新春メッセージを多言語でも伝えよう

 「コロナ禍が長引く今、国籍、国境を超えて全社員にメッセージを伝えたい」と、多言語での発行を命じられたら……。

 そんなときは、こちらの記事をご覧ください。多言語版の中でも英語版を例に、まず何をすればよいのかを、創刊時を想定して、Q&A形式で説明しています。

ツールを見直すなら、アプリに注目

 インターナルコミュニケーション施策へのデジタルツール導入は、コロナ禍で一気に進みました。「社内報アワード」へのご応募も、Web社内報やアプリ社内報の企画が急増しています。

 もし、新年から社内報のツールの検討を始めるなら、アプリも候補に入れてみてはいかがでしょう。実際にアプリ社内報を活用してい効果を上げている企業の声をご紹介します。


[編集部Pick Up]

【企画】社内報の年間企画、立てる前に知っておきたいこと

【原稿作成】社内報原稿がもっと輝く!「見出し」のポイント

社内報づくりに役立つ情報満載!
無料メルマガ登録はこちら

氏名

必須

会社名

必須

部署名

必須

TEL

必須

E-mail

必須


 一覧へ戻る
ページ上部へ