MENU
ホーム > 記事一覧 > スキルを磨く > 企画 > 社内報の年間企画、立てる前に知っておきたいこと

社内報の年間企画、立てる前に知っておきたいこと

社内報の年間企画、立てる前に知っておきたいこと

 新年度を迎えた皆さん、社内報の年間企画はできていますか? 

 年間企画を立てるメリットは、大きく2つ挙げられます。

  1. 先々の見通しが立ち、効率が良い
  2. 大きな企画にも挑める

1.先々の見通しが立ち、効率が良い

 社内報ご担当者の仕事は多岐にわたり、恒常的に忙しいもの。「段取り力」がカギを握ります。年間企画を立てておけば、少し先を見すえながら効率的に準備を進めることができますね。

2.大きな企画にも挑める

 今、皆さんが社内報ご担当者として「やってみたい!」と思うのはどんな企画ですか?

 すぐに取り組める企画なら、旬を逃さずどんどん形にしていけば良いでしょう。けれど、テーマによっては「ぜひやってみたいけれど、今はパワー不足で無理」という場合もあるでしょう。そんなときは、長期的に準備を積み上げていくのも一案。年間企画を立てておけば、こうしたチャレンジも可能になります。

社内報の年間企画、最初の一歩は「発行目的」と「編集方針」

 でも、「年間企画を立てたことがない」という社内報ご担当者は、何から始めればよいか悩みますね。まずは発行目的編集方針の確認をしましょう。

 発行目的は、毎年変わるものではありません。年間企画を立てる際に今一度立ち返ると、アイデアが膨らんだり、優先順位付けがスムーズになったり、さまざまな効果が期待できます。

 編集方針は、発行目的を果たすためのやり方、アプローチ、手法。経営を取り巻く環境は刻々と変化しますので、組織の動向をふまえて柔軟に見直しをかけます。会社は年度ごとに事業計画を策定しますので、基本的にはそのサイクルに合わせるのがいいでしょう。編集方針が変われば、企画の方向性も自ずと変化していきます。

こうして発行目的と編集方針を見直すことで、年間企画を考えるスタートラインに立てるのです。

【こちらもオススメ】

社内報企画をワンランクアップ! 企画の立て方の5つの「コツ」

 

社内報づくりに役立つ情報満載!
無料メルマガ登録はこちら

氏名

必須
会社名

必須
部署名

必須
TEL

必須
E-mail

必須


 一覧へ戻る
ページ上部へ