MENU
ホーム > 記事一覧 > 社内報を知る > アプリ社内報 > 「社内報アプリ」でインターナルコミュニケーションの課題を解決

「社内報アプリ」でインターナルコミュニケーションの課題を解決

「社内報アプリ」でインターナルコミュニケーションの課題を解決
インターナルコミュニケーション・ツールの多様化

 約100年前に墨刷りの新聞から始まった社内報は、高度経済成長時代から組織のニーズをとらえて大いに拡がりました。景気の影響でコスト削減の対象となる時期があっても、一定以上の規模の企業にとっては、もはや成長に欠かせないメディアとして、日本の企業文化に深く根を下ろしています。

 この間、印刷社内報は誌上でしか醸し得ない存在感やストーリー性を磨き上げ、2000年前後に始まったWeb社内報は手軽さ・速報性と、動画などリッチコンテンツをもたらしました。その後、スマートデバイスの急激な普及にともない各種SNSが一般化すると、「誰もが発信者になって当たり前」のトレンドは企業のインターナルコミュニケーションにも波及。社内SNSやビジネス向けチャットツールが多数登場しました。

ツール選び=施策設計の出発点の重大テーマ

 このように、インターナルコミュニケーションツールは短期間で一挙に多様化し、きわめて幅広い用途に対応できるようになりました。

 印刷社内報に壁新聞、Web社内報、デジタルサイネージ、動画、社内SNS、リアルな対面イベント――こうも多様なツールから、今の自社の課題解決に必要なツールをまずどう選ぶのか。そして、選んだ複数のツールをどのように最適配置し、どう活用するのか。

 これはインターナルコミュニケーション施策設計の出発点で、かなり大きなウェイトを占めるテーマです。決して小さくないコストとマンパワーを費やすインターナルコミュニケーション施策。ツール選定~ツール最適化で失敗したくはないものです。

ツール選択時に考察すべき6つのファクター

 ツールの選択時は、それぞれの特性を理解する必要があります。このとき理解の助けとなる考え方として、弊社では以下3つの観点・6つのファクターを挙げています。

3つの観点・6つのファクター
〈共感の観点から〉
①到達度
:一人一人に届くか/見てもらえるか
②ストーリー性:骨太・重厚な情報も腰を据えて伝えられるか

〈時間の観点から〉
③速報性
:新情報をタイムリーに通達できるか
④保存性:会社の歴史のアーカイブになり得るか

〈空間の観点から〉
⑤双方向性
:情報の受信者側も何らかの発信ができるか
⑥携行性:閲覧場所を選ばず持ち運びできるか

 例えば、デジタルメディアであるWeb社内報・一斉メール・社内SNSなどは「速報性」の確保が容易ですが、印刷社内報では困難です。一方、外部アクセスを許容しないタイプの社内イントラの場合、プリントアウトといったひと手間をかけない限り「携行性」は実現しませんが、印刷社内報は気軽に持ち帰って家族に見せたり、じっくり読み込んだりできます。「携行性」があれば、採用や営業の場面で自社をよく知ってもらうためのアウターブランディングの用途も考えられます。

「最も見てもらいたいのは誰か?」
「その人たちは、いつ・どんな場面・どんな機会なら見られるか?」
「最も伝えたい情報は何か?」
「その情報を伝える力があるメディアは?」……

 このように、コミュニケーション・シーンを具体的に突き詰めて考察(必要に応じては、調査も)した上で、さまざまな観点からツールの強み・弱みを整理し、選択することが重要です。

インターナルコミュニケーションツールの最大の課題

 弊社では、企業様の現行インターナルコミュニケーション施策の効果を検証する「アンケート調査」「グループインタビュー」を、「インターナルコミュニケーション全体コンサルティング」のメニューとして備えています。直近の何社かでこうしたコンサルティングを実施した中で、いま企業がインターナルコミュニケーション施策で抱えている最も大きな課題が見えてきました。どのお客さまでも、課題は概して「到達度」だったのです。

 タイムリーな情報発信とコスト抑制の叶うWeb社内報は、インターナルコミュニケーションツールとしては印刷社内報に次ぐデファクトスタンダードの地位にあります。一方で私たちはコンサルティングのプロセスにおいて、社内報担当の皆さんからは「社員に見られなくなった」という悩みを、現場の社員の皆さんからは「Web社内報があるのも知らなかった」「存在は知っているけれども、見たことはない」との声を、現に頻々と耳にしました。ちなみに「到達度」が問題となる要因は、「見に行かないと見られない」「(PCがないなど)物理的に見られる環境にない」「業務中に社内報を見られる風土ではない(=遊んでいると思われる)」などです。

 「到達度」は、コミュニケーションのツールとして格別に大切なファクターでしょう。どんなに「ストーリー性」に優れた媒体でも、実況中継すら可能な「速報性」や、リアルタイムで社員の反応を得られる「双方向性」を誇る最新ツールでも、到達できなければそもそもコミュニケーションが始まりません。

「社内報アプリ」というソリューション

「社内報アプリ」というソリューション
 さて弊社では、2017年10月24日「社内報アワード2017」表彰イベントにて「社内報アプリ」第1弾商品を発表。企業がアプリの社内報に求める機能に関するヒアリングを重ね開発を開始し、満を持して2018年10月18日「社内報アワード2018」表彰イベントにて、自社開発版「社内報アプリ」をリリースしました。

 スマホで見るアプリ版の社内報に加えて、Web社内報も手軽に同時実現できる「社内報アプリ」への反響は大きく、当日の社内報アプリ展示ブースにも、多くの方が足をお運びくださいました。

 日常の中、通勤電車内を見回しただけでも、皆がいつも持っている最も身近なデバイスはスマホであると実感できることでしょう。最新のスマホ利用実態調査でも、ネットショッピング・動画視聴とも、今はPCではなくスマホを利用する人が最多となっています。

 誰もがいつも利用するスマホで、インターナルコミュニケーションに資する社内報を、簡単に運用できる。それが「社内報アプリ」です。主な特長は以下の4つ。

1.リアルタイムのプッシュ通知で到達

Pull型メディアのWeb社内報で課題となっていた「到達度」を改善できます。必達の情報をリアルタイムで全員に届けるという点で、確度の高い「速報性」を実現します。

2.PCがなくてもいつでも携行

PCを持たない外勤の方、工場・現場の方にも、全員に同じ情報が同時に届きます。逆に、PCに向かうことの多い従業員の皆さんは、PCの広い画面に最適化した状態でWeb社内報としてご覧いただけます。

3.効果測定がセットなのでPDCAを回せる

弊社の「社内報アプリ」自体はSNSではないため、「いいね!」やコメントなどの双方向性は実装しませんが、ユーザーの利用実態を見ながら施策を改善していける過程そのものが、双方向性の追求と言えなくもありません。

4.簡単管理画面でらくらく更新

分かりやすい管理画面で更新できるため、ご担当者のエネルギーの多くをコンテンツ作りに向けられます。動画の共有も、YouTube連携で簡単です。

 

インターナルコミュニケーションを次のステージへと牽引するツールと目されているのが、誰もがいつも持っているスマホへ、そしてPCへも、適切なコンテンツを簡単に届ける「社内報アプリ」なのです。

社内報アプリ体験会にぜひご参加ください

 ウィズワークスでは、「社内報アプリ」のデモアプリのダウンロードとインストールが可能な「デモアプリダウンロードチケット」のお申し込みを受け付けております(お問い合わせフォームよりお申し込みください)

 また、実際に管理画面を見て、触って、体験できる社内報アプリ体験会、定期的に開催していますので、ぜひご参加をご検討ください。

ウィズワークス「社内報アプリ」サイトへ

社内報づくりに役立つ情報満載!
無料メルマガ登録はこちら

氏名

必須
会社名

必須
部署名

必須
TEL

必須
E-mail

必須


 一覧へ戻る
ページ上部へ