MENU
ホーム > 記事一覧 > スキルを磨く > 撮影 > デジタル一眼レフカメラの特徴を知ろう!

デジタル一眼レフカメラの特徴を知ろう!

デジタル一眼レフカメラの特徴を知ろう!

「仕事で使っているデジカメは小さいカメラなのですが、やっぱりデジタル一眼レフカメラを使ったほうがよいのでしょうか?」

先日、ある社内報ご担当者からこんなことを聞かれました。もしかしたら、あなたも同じことを思ったことがありませんか?

私なりの結論を言えば、仕事での用途を満たしているのであれば小さなコンパクトデジカメでもまったく問題ないと思います。最近のコンパクトデジカメは高性能な機種も多いですし、スマートフォンの画質だって悪くはありません。新聞記者などはコンパクトデジカメで取材をする方も多いですよね。

「でも、デジタル一眼レフカメラのほうがきれいに撮れるから、やっぱりそっちが良いのでは?」と、あなたは思うかもしれません。

デジタル一眼レフカメラにも「強み」と「弱み」がある

そんなあなたのために、デジタル一眼レフカメラの特徴を以下にまとめてみます。

 

【デジタル一眼レフカメラの主な特徴】

・ファインダーをのぞいて撮影できる

・イメージセンサーが大きい

・ボケがきれいにつくれる

・レンズ交換ができる

 

ファインダーをのぞいて撮るのは、カメラ撮影の醍醐味とも言えますよね。運動会やスポーツを撮るときは、ファインダーをのぞいたほうが被写体を捉えやすいです。

イメージセンサーは、画質とも関係してきます。カメラの中には、光を感知するセンサーがついていて、コンパクトデジカメよりもデジタル一眼レフカメラのほうがセンサーのサイズが大きく、高画質になります。私自身も初めてデジタル一眼レフカメラを手にしたときには、「こんなに画質がきれいなんだ」と、びっくりしました。また、センサーが大きいほうがボケもつくりやすいです。

そしてレンズ交換。カメラは、レンズ交換をすることで多彩な表現ができるようになります。単焦点、広角、望遠など、用途や撮影シーンによって使い分けます。スポーツ撮影では望遠レンズが必須ですね。

また、普通のレンズより望遠レンズを使ったほうがボケやすいので、私はポートレート撮影でも、望遠レンズを使うことがあります。

このように、デジタル一眼レフカメラにはいろいろな特徴がありますが、一方で「大きい」「重い」といったデメリットもあります。逆に「小さい」「軽い」はコンパクトデジカメのメリットですよね。

まずはそれぞれの特徴を知って、あなたの用途に合ったカメラを選んでください!

「社内報の撮影力向上」はこのコラムもお薦め

社内報づくりに役立つ情報満載!
無料メルマガ登録はこちら

氏名

必須
会社名

必須
部署名

必須
TEL

必須
E-mail

必須


 一覧へ戻る
ページ上部へ