MENU
ホーム > 記事一覧 > スキルを磨く > 企画 > [お悩み相談]年初・期初「社内報の年間企画」のススメ!

[お悩み相談]年初・期初「社内報の年間企画」のススメ!

「社内報ナビ」は、社内報担当の皆さんのお悩み解決をお手伝いします。あなたの疑問やお悩みを、お問い合わせフォームよりぜひご連絡ください!

[お悩み]

社内報の年間企画、どう立てたらいいの?

社内報セミナー参加者毎号、編集会議のたび「産みの苦しみ」で七転八倒。そのときは「年間企画があれば…!」と思うものの、いざ年度初めになると「何が起きるか分からない中で年間企画を立ててもなあ…」と感じてしまいます。社内報の年間企画、どう考えてどう立てたら、ちゃんと生かせるものになるのでしょう。

[お答え]

年間企画は大事な「土台」。メリットを知ってじっくり臨もう!

社内報の年間企画に関する考え方はさまざま。「そのとき最もタイムリーな企画をその都度考えたいから、年間企画はあえて立てない」という企業もあります。しかし、社内報をエンゲージメントを高める目的のツールと捉えると、年間の計画はやはり「土台」年間企画を作るメリットの紹介記事もすでにありますが、さらにご説明しましょう。ぜひじっくり取り組んでみてください。

社内報の企画作りステップ①:テーマ選定を済ませておく=年間企画

 年間企画作りの前に、「企画」作りの手順を振り返ってみましょう。おおむねこの4ステップです。

ステップ①:テーマを選定する
ステップ②:テーマ関連の情報を収集する
ステップ③:情報を整理する
ステップ④:企画を構築する

 「テーマを選定する」というステップ①。これを1年分、事前に決めておくことが、年間企画に相当します。「おおよそこんなテーマでいこう」というテーマの目星を、毎回イチから考えなくて済むように、年初または期初にあらかじめ考えておくということです。

社内報の年間企画、考え方の3軸
社内報の年間企画は、おおむねこの3軸で考えます(クリックで拡大)

 

 「年間企画を作ってもそのとおりにならないから、作る意味を感じない」との声も、確かに聞かれます。でも、果たして無意味でしょうか。

 社内報にとって、要(かなめ)は企画。その企画を毎号その都度考えていたのでは、どうしても企画を「発行時点」という「点」で捉えがちになります。それに対し「通年」という視野に立って見通すと、企画を「点」ではなく「線」や「面」で捉えられます。

 つまり、1つの企画を、社内報というツールを使った自社のインターナルコミュニケーション施策の「打ち手の1つ」と捉え、「より大きな流れを作ろう」「1号内ではなく年間発行回数全体の中で、テーマのバランスを取ろう」といった考え方ができるようになります。

 例えば、「春号ではこのテーマで気づきを得てもらい、それを踏まえて夏号にこのテーマを当てて、さらに視野を広げ理解を深めてもらおう」というような、社内報の戦略的な活用を考えられます。また、年初や期初にしっかり年間の戦略を立てておくと、各々のテーマについて考える時間をたっぷり確保できます。

 仮に、その号の発行時点で想定外に重要なテーマが持ち上がって、年間企画どおりにならなかったとしても、そのときはそのとき。会社は常に動いていますから、計画にとらわれ過ぎて融通が利かなくなるのも本末転倒です。

 状況の変化に柔軟に対応する勇気と心づもりは持ちつつ、それでもやはり、通年の視野に立ち社内報が自社のコミュニケーションで果たすべき役割を考えて、年間企画という「土台」を作っておく(=テーマの選定をあらかじめ進めておく)ことをお勧めします。

ステップ②:①のテーマに基づき情報収集!

 年間企画であたりをつけておいたテーマに関して、次のステップ②で情報収集です。

 これは、年初・期初の年間企画を立案する時点ではざっくり大づかみにしておき、発行準備が始まってから本格的に行うことになっても構いません。内容によりますが、会社動向に関する企画であれば、以下のような方法が考えられます。

社内報企画の情報収集

[1] 社内:現状の取り組みを知る社内資料を読み、関係者へ事前ヒアリング
[2] 他社:他社の社内報事例など、似たテーマによる企画の参考資料を集める
[3] 社会:テーマに関連した書籍、雑誌、Web上の情報などを集める

 …さて、企画作りにおける以降のステップ③・④については、年間企画を立案する時点で歩を進めてしまうケースは稀であると思われますが、せっかくですから最後までご説明しましょう。

ステップ③:情報整理にはブレストがお勧め

 ステップ②で集めた情報を眺めるうちに企画がむくむく膨らんだとしても、すぐに企画書に取りかかるのではなく、いったん情報を整理します。

 社内報企画立案の場合、効率の良い情報整理方法は、担当者全員+可能であれば責任者も交えたブレストです。どんな構成にするか、互いの意見を否定せず、互いの意見に乗っかりながら、集めた情報に基づいて企画を膨らませ、読者に伝えたい必須の要素をリストアップしていきます。各要素の扱いの軽重もここですり合わせておけば、後々誤解による手戻りの可能性も低くなって一石二鳥です。

ステップ④:企画構築

 ステップ③の情報整理を経て企画の全体像が見え、構築の準備が整ったら、企画書へと落とし込みます。企画書は、「テーマ」「企画の背景とねらい」「構成内容」の三本柱で考えていきます。もちろん、企画のボリューム次第ではありますが、よほど巨大特集でない限りは、A4用紙1枚で十分でしょう。

 企画書はこの後、誌面にご登場いただく社員の皆さんへの依頼書のベースになるので、企画の意図が過不足なく端的に伝わるものである必要があります。


 企画は骨が折れますが、社内報作りのまさに「肝」そのもの。皆さんもぜひ、年初・期初に、腰を据えてじっくりと、中長期的視野に立って年間企画にじっくり取り組むことから始めて、1年間を走りきってみてください。走りきった1年を後から振り返ったとき、「自社のインターナルコミュニケーションへの貢献」という文脈において、自分が1段上のステージへとステップアップしていることに気づくことでしょう。

[こちらもぜひご覧ください]

社内報づくりに役立つ情報満載!
無料メルマガ登録はこちら

氏名

必須
会社名

必須
部署名

必須
TEL

必須
E-mail

必須
 一覧へ戻る
ページ上部へ