MENU
ホーム > セミナー情報 > 周年事業の進め方と周年誌・社内報の関わり
受付は終了しました

周年事業の進め方と
周年誌・社内報の関わり

概要

企業のライフサイクルの中に、必ず訪れる「周年」。 10年、20年という大きな節目だけでなく、会社が歩んできた時間を社員や顧客、パートナーなどとともに確認し、新たな一歩を刻む契機となるのが周年事業です。

本セミナーでは、周年事業の目的検討方法から社内報・周年誌との連携までを、事例を紹介しながら解説します。

●ポイント①
「自社の周年事業の目的はどうやって決める?」「周年プロジェクト委員はつくったほうがいい?」 「他社はどんなことをしている?」など、周年事業をただの「記念」に終わらせないノウハウをお伝えします。

ポイント②
「周年を迎えた企業の社内報(周年誌)はどう編集する?」「社内報を周年事業にうまく連携させたい」など、周年事業をさらに生かす方法を事例を交えながらご紹介します。

 

セミナー情報

日時 2017年9月13日(水) 14:00~16:00 (受付 13:45~)
定員 20名(先着順)
対象 社内報制作や企業内コミュニケーションを担当される管理職やリーダーの方
参加費 無料
会 場

ウィズワークス株式会社 セミナールーム
(新宿区新宿1-26-6 新宿加藤ビルディング5階)
●地図: http://wis-works.jp/corporate/about/
●アクセス: 東京メトロ・丸ノ内線 新宿御苑前駅2番出口より徒歩6分
※靖国通りと外苑西通りの交差する「富久町西交差点」そば、1階がローソンのビルです。

プログラム

企業のライフイベントについて
② 日本の周年企業
周年事業の目的
周年事業の事例
⑤ 周年事業と社内報

※プログラムの内容は都合により変更になる場合がございます。ご了承下さい。

 セミナー一覧へ戻る

ページ上部へ