MENU
ホーム > セミナー情報 > 【3社共催セミナー】働く意欲を高めるインナーコミュニケーションツール選定のポイント
受付は終了しました

【3社共催セミナー】
働く意欲を高める
インナーコミュニケーションツール
選定のポイント

概要

組織のコミュニケーションが改めて重要視されている昨今、インナーコミュニケーションツールもまた、多様化・複雑化しています。「企業価値の向上」に向けて、各ツールをどのように組み合わせて活用していくべきか――本セミナーでは、社内報、動画、SNSの専門家である3社が、それぞれの視点から分かりやすくレクチャーします。

※日経BP社発行の『ビジネス基礎力の教科書最新版』を先着30名様に贈呈させていただきます。

講師詳細はこちらでご確認いただけます

セミナー情報

日時 2017年7月19日(水) 14:00~16:30 (受付 13:40~)
定員 60名(先着順)
対象

社内報制作や企業内コミュニケーションを担当される方

参加費 無料
会 場

Nagatacho GRID 6F セミナールーム(東京都千代田区平河町2-5-3)
●地図: https://grid.tokyo.jp/#access
●アクセス:東京メトロ半蔵門線・南北線・有楽町線「永田町駅」
      4番、9番b出口より徒歩2 分
      東京メトロ銀座線・丸ノ内線「赤坂見附駅」7番出口
      より徒歩5 分

プログラム

●14:00~14:40
テーマ:複雑化するインナーコミュニケーションツールの最適化とコンテンツ設計
講師:ウィズワークス株式会社 代表取締役社長兼CEO 浪木 克文

紙やWEBの社内報だけでなくSNS、動画、リアルイベントなどインナーコミュニケーションツールは多様化・複雑化しています。
そもそも自社のインナーコミュニケーションの目的はどう考えるべきなのか、その目的達成のためには各ツールの全体設計をどう設計すればよいのか。ツールの特性に沿って、掲載するコンテンツはどのように切り分けていくべきなのか。
企業価値向上につながるインナーコミュニケーションの全体について学んでいただきます。

●14:50~15:30
テーマ:動画によるインナーコミュニケーションの質的向上
講師:株式会社ピアズ ITソリューション事業部 部長  金堂 孔輔  

会社ビジョン、経営戦略、部門方針から、現場の成功事例まで企業内で共有したい情報は数多くあります。これらを動画を使って効果的な共有プロセスにしていく手法を紹介します。※講師は変更になりましたが、内容は変更ありません。

●15:40~16:00
テーマ:現場に施策を浸透させるコミュニケーション手法とは
講師:EDGE株式会社 代表取締役社長 佐原 資寛

現場のコミュニケーション不足を解消する手法として最適な社内SNSの活用法をお伝えします。成功企業の実運用事例を交えながら、役立つ方法をご紹介します。

●16:00~16:30
質疑応答、アンケートご記入、名刺交換タイム

 セミナー一覧へ戻る

ページ上部へ