MENU
ホーム > 記事一覧 > 連載コラム > トレンド > 社内報リニューアル成功を握る2つの切り口(前編)

社内報リニューアル成功を握る2つの切り口(前編)

「上司から、社内報のリニューアルをするよう言われました。でも、どこから手を付けたらよいのか分わからずに困っています」

こうしたご相談をいただくケースが増えています。リニューアルと聞くと、まず「デザイン」を思い浮かべるケースが多いかもしれません。でもそれで、本当に目的を達成できるのでしょうか?

まずは「インナーコミュニケーションのミッション」の見直しから!

私たちウィズワークスでは、「社内報=会社を構成する人と組織のエンゲージメントを高め、持続的に企業価値を向上させるツール」と定義しています。

 今あなたが手がけている社内報は、このようなツールとして有効に機能しているでしょうか? リニューアルに当たっては、まずはそこから見つめ直してみることが大切です。具体的には「組織課題の抽出」と「経営環境の考察」、2つの切り口からアプローチしていきましょう。

成功の切り口その1「組織課題の抽出」

1-1. 「企業のライフイベント」を見極める

「企業のライフイベント」とは、人でいえば「進学、就職、転職、引っ越し、結婚、出産」など、人生の節目に当たる事柄です。ライフイベントを迎えたとき、人は環境変化に合わせて自分自身の意識を変える必要があります。

 つまりライフイベントを迎えた企業も、その種類に応じて組織を変革する必要に迫られます。下記は、企業の主なライフイベントです。今、あなたの企業がどんなライフイベントを迎えようとしているか、整理してみるとよいでしょう。

企業のライフイベントの種類

【周年】

歴史の節目。事業を継続できた要因や、未来に向け果たすべき変化を考えるタイミング

 

【社長交代】

ステイクホルダーとの関係構築が急務。その成否がその後の企業成長を左右するタイミング

 

【M&A】

融合を目指し、お互いを知り理解することがシナジー発現の第一歩となる大事なタイミング

 

【新ミッション・ビジョン 中期経営計画】

ミッション・ビジョンや中計策定に際し、社員の巻き込みと浸透施策がひときわ重要なタイミング

 

【新規事業開発】

新規事業に対する理解を深め、成功に向けてソフトパワーや士気を高めるべきタイミング

 

【グローバル化】

事業拡大・需要獲得を目指す海外進出。現地化に向けてビジョン共有が課題となるタイミング

 

【経営危機(不祥事・環境悪化・事故)】

事業継続上、突き当たる壁。乗り越えれば次のステージへ飛躍するチャンスにもなるタイミング

 

【上場】

株主へのコミットメント、業績管理・コンプライアンス強化など課題が大きく変わるタイミング

 

【分社化・HD化】

事業各社は遠心力を、HDは求心力を高め、グループとして業績最大化を狙うタイミング

1-2.「社員満足度調査」から考察する

社員満足度調査やエンゲージメントサーベイも、組織課題を抽出するための有効な手がかりとなります。

例えば「若手社員の退職が顕著だ」「行動指針が徹底していない」「会社の制度が伝わっていない」等々……。こうした点から、コミュニケーションのどこに課題があるのかを分析することができます。

社内報には下図に示すとおり、コミュニケーションインフラとしての機能があります。組織のコミュニケーションの関係から、そこにどんな課題があるかを考察してみましょう。

次回は、「経営環境の考察」からのアプローチを見ていきます。

社内報づくりに役立つ情報満載!
無料メルマガ登録はこちら

氏名

必須
会社名

必須
部署名

必須
TEL

必須
E-mail

必須
 一覧へ戻る
ページ上部へ